ああ、なんだかなぁもうっ!

ああ・・・うん、お仕事の日記だとおもうよ?

About Me

This is the place where you can put a brief summary of yourself. Or perhaps you have something to be shown off.

To completely remove this top box (i.e recent post, about me & search), head to header.php, delete everything between "TopBox: START" and "TopBox: END".

考えないという手段

Written by pegigu on 3月 14th, 2013 | Filed under: 未分類

最近人を教えていて気づいた事ですが、考える事が苦手という人たちが居るのだなぁと。

この苦手さは、訓練すればできるという類のものではなくて、かなりの訓練しても平均より低い結果になってしまう苦手さです。

このタイプの人たちは考えて行動するのが苦手なので、現場とかではよく注意され、評価も低い事が多いです。
うちの会社でも頑張りの割には評価が低くなってしまっています。
ただ、どういう訳か仕事以外の部分や性格や性質の部分で常人を超えた能力を持っていることが多い気がします。

考える事が苦手な人達のパターンは
・努力家
・辛抱強い
・考えて行動するのが苦手
・物覚えが悪い
・頻繁にメモをとる
・「考える」に類する以外のところで目立つ能力を持っている
・割と正直というか誠実
・他人に対して説明が下手
目立つパターンは以上のような事が多い気がします。

目立つ能力に関しては、説明が必要かもしれません。
これは、人によって本当に違いますが、例えば実際に目にした例では
・野球チームでファーストからセカンドまでの盗塁の成功率がほぼ100%
・言われたことを長期間細大漏らさずやってのける(慣れによる手抜きをしない、もしくは出来ない)。
・訓練しなくてもプログラムはすごく判りやすく書ける(その代わり、日・週報がひどくて同一人物とは思えませんでした)。
・何故か問題点がすぐわかる(けど、理由が説明できない)。

今のところ、彼らの現場での作業に対して有効な手段は見つかっていませんが、一つ実験していることはあります。
彼らは、行動や作業に対しての雛形があると普通に作業ができます。
なので、基本定型処理が多いと彼らは良い仕事ができます。

考える事が多い現場でも基本他人とのやりとりはテンプレートに則って行動している限りは大きい問題は起きないようです。
問題はこのテンプレートから外れた時ですが、この状態になったら他人が助ける必要があるようです。

ビジネス書でも考えて行動する事が前提になっている感はありますが、そうじゃない手段があるんだなぁと最近思うようになりました。



Comments are closed.

  • セキュリティソフト

    のーとん先生 シマンテックストア

    ウィルスバスタ ウイルスバスター トレンドマイクロ・オンラインショップ

    インタネットセキュリティ 無料ウイルス対策