ああ、なんだかなぁもうっ!

ああ・・・うん、お仕事の日記だとおもうよ?

About Me

This is the place where you can put a brief summary of yourself. Or perhaps you have something to be shown off.

To completely remove this top box (i.e recent post, about me & search), head to header.php, delete everything between "TopBox: START" and "TopBox: END".

歳を取ると忘れやすくていけない

Written by pegigu on 12月 19th, 2012 | Filed under: 未分類

久方ぶりに、良書を見つけたのは良いけれど長く作者を長く憶えられそうにないのでメモ。

あと3年は仕事に関係ない本を読まないようにしようとはしていました。
が、電車の中で読む本が最近ビジネス書のみになってしまっているなぁと。
さらに、最近はビジネス書もノウハウよりも、単に気力を充てんする消費物になりつつある有様です。

そんな中、たまたま娘と一緒に行った児童館で書籍を手に取って借りてきた本がありました。

岩波少年文庫
レアンダー著
『ふしぎなオルガン』

家に帰って読んでみて、久方ぶりに感動しました。
こんなに簡便な文章で(翻訳者の国松氏の訳が素晴らしいのもあるのでしょうけど)、人生の中で何度も出てくる内面的な問題を素晴らしい短編物語でまとめてある書籍を久方ぶりに読みました。
仕事には直接関係しないし、この類の話をすると大抵理解されないので黙っていますが、やはり良いものは良いなぁ。

関係ないついでにもう一つ。
まどみちおの詩で「ぼくがここに」という詩があって「なぜ同じ場所に2つ以上のモノが存在しないのか」という部分の凄さについて話したら、
「俺理系だから」と一蹴にされたことがあったなぁ。
というか、理系ならなおさら凄さわかれよぅ。
同じ場所に同じものが2つ以上ある状態をどうすればできるのかとか、どういう認識の為に1つしか存在しないのかとか考えようよ!
……と、思ったこともありました。

閑話休題。
ある程度歳を取ってみて、児童文学と呼ばれるものは感動する本が多いなぁと、思いました。



Comments are closed.

  • セキュリティソフト

    のーとん先生 シマンテックストア

    ウィルスバスタ ウイルスバスター トレンドマイクロ・オンラインショップ

    インタネットセキュリティ 無料ウイルス対策