ああ、なんだかなぁもうっ!

ああ・・・うん、お仕事の日記だとおもうよ?

About Me

This is the place where you can put a brief summary of yourself. Or perhaps you have something to be shown off.

To completely remove this top box (i.e recent post, about me & search), head to header.php, delete everything between "TopBox: START" and "TopBox: END".

Archive for the ‘書籍’ Category

犯罪王ポポネポと王ドロボウJING

Written by pegigu on 12月 2nd, 2012 | Filed under: 書籍

にてるなぁと、なんとなくそのときは思いました。

いや、さる病気にかかったんで、会社から自宅待機を申し付けられることに。

で、休んでみると判りますが、いやぁほんっとうに何もすること無くて暇なんでございますよ。

あまりにも暇なんで、ちかくのビデオ屋さんで漫画20冊とビデオ10本を借りてきました。

で、そのときに「犯罪王ポポネポ」という漫画があったのですが、コレはじめ見たとき「王ドロボウJING」と同じ作者さんかなぁと思って借りてみました。

モブキャラはよく似てるんですけど、背景と雰囲気とかが違うし、違うのかなぁ。
でも、タイトル似てるし、今まで王ドロボウと似た作風の漫画家さん見てないんで同じ作者さんなのかなぁ。

と、そんな感じで読んでいました。

一通り読んでみて、
・悪人役(?)が女の子の格好をしているのは読者に対しての問いかけ?(女の子で可愛いと同じ罪でも軽く考えませんでした?的な)
・小さな正しさの積み重ねが、結果的に悪人を作っていくというテーマ?(合成の誤謬的な)
・結構言葉遊びが面白い(例:目で見たものを信じられないんですか?→お母さんの感覚と体温計どっちを信じる?)
・1巻目の最後が2巻目を読ませるような終わり方で、気になってしまう。
・営業だったかカウンセリングの世界で「ポポネポの法則」って確かあったよね?
・2巻目も読んでみようかな?

うん、2巻でたら読んで見ようかな。


月曜か・・・

Written by pegigu on 9月 5th, 2011 | Filed under: 書籍, 未分類

最近読む本がビジネス書が多くなっている。

つい2か月前までは月1程度だったのにいまは、2~3日程度で1冊程度になっている。

お金の問題もあるから、限度もあるけど読む本変ったなぁ。

横井軍平さんの本を読む。

前々から任天堂は面白い会社だなぁと思っていたけど、本当に面白い会社だなぁ。

本来日本が得意としている会社のあり方って任天堂みたいな会社なのかなぁ・・・・・・

と、何となく思ったりする。

 

取材をあまり受けないせいなのか、あんまり任天堂ってビジネスのカテゴリーでテレビやメディアに出てくることないよなぁ。

むしろ、その方がよいのかも。

 


英語で書かれた類の本

Written by pegigu on 8月 26th, 2011 | Filed under: 書籍, 未分類

を今読んでいます。

履歴を見るとなんですねぇ、約1週間ほど、ご無沙汰だったんですか。

と、先週と似たような書き出し。

 

さて、相も変わらず体はつらいので、空いた時間に本を読んでいます。

以前英語の勉強をしていたんですが、途中でつらくなってやめていたので、今度は英語の本を読むことに。

といっても「YOTSUBA&!」(邦題『よつばと!』)ですが。

 

今回ちゃんと英語の漫画を読んでみたんですが、いろいろと発見があって面白かったです。

・逆輸入だと店頭価格千円超える

ちなみに表紙には$10.99と書いてある。

・日本語の擬音はそのままローマ字で表現するけど、英語でも表記

例:バシャ→BASHA

でも欄外に、SFX:BASHA(SPLISH)と説明が書いてある。

・割と日本語がでてくる

例:あさぎさん→ASAGISAN

でも、欄外に-SAN:日本語では「-SAN」はMr. や Mrs.を指す的な事が書いてある。

・セリフが全部大文字

・「ぎゃー!」は向こうでも「GYAAAAAAAAA!」

 

でも、やっぱり英語は読んでて疲れるや。


作業一割適当九割

Written by pegigu on 8月 8th, 2011 | Filed under: ウツとか病気とか, 書籍

加減で、本日稼働中。

ウツの状態が5年くらい前のひどい状態に近くなったので、とりあえず現状維持のため出社。

普通に稼働したら、間違えなく倒れそうなので、この稼働。

治るとは思っているけど、本当に面倒な病気だ。

 

本屋で上田惇生訳のドラッカーの書籍が平積みされていたので、とうとう1冊買ってしまった。

ブックオフで買っても300円程度しか安くならんしなぁ。

っていうか、もしドラ当たんなかったら絶対こんな値段になってないよね?

中身ほとんど学術書見たいな感じだよ?

書籍タイトルも「マネジメント 基本と原則」とか、もう大学の課題図書に出てきそうなタイトルだし、出版社も有斐閣あたりかと思ったよ?

普通こういう本ブックオフだと安いよね?

普段そういう値段で売ってないよね?

 

・・・・・・と、2000円の痛みを愚痴ってみました。

 

でも、本日ウツ稼働なのでこういうボリュームのある本は読めないので「ぼくドラえもんでした」も買う。

そして読む。

 

思っていた内容ではなかったので、飛ばしよみして、これからドラッカーを読もうかと。

 

でも疲れたなぁ。

帰ったらハガレン続き借りて読むかぁ・・・・・・


そういえば本で思い出した

Written by pegigu on 7月 31st, 2011 | Filed under: 書籍

事を一つ。

本屋に行くとドラッカーの本がホントに増えたなぁ。
と、思う。

でもドラッカーの翻訳者は上田惇生さんだけだと思っていたので、こういろんな人が書いている光景はなんかいただけないなぁ。

で、その上田惇生さんのドラッカー。
書店員さんに上田惇生さんの文庫ありますかね?
と、聞いてみる。

無いと返答。

ええーーーー!?
こんだけドラッカーの書籍多いのに、上田惇生訳の文庫ないの?
そりゃないぜ。

というわけで、読む本がなくなったらブックオフにお世話になろうかしらん。
文芸書のサイズ苦手なんだよなぁ・・・・・・


サーバ/インフラエンジニア養成読本

Written by pegigu on 7月 30th, 2011 | Filed under: 書籍

なる書籍を後輩から勧められる。

で、たまたま本屋に居たので読む。

あら、面白そう。

勧められた時、技術本かと思ったけど、どちらかっていうと新聞みたいな読み物なのね。

見た感じムックみたいなんだけど……ムックのISBN番号って何番だっけ?

なんか、最近読みたい本が多くて、積んでる本が多くなったなぁ。

ランチェスター戦略とか、禅とか、サーバー関係とか、CとかJAVAのプログラムとか手塚治虫とか(お?「治虫」って一発で変換できるのね。さすがマンガの神様。偉大だわぁ)……

どっかで時間作らないとなぁ。

そういえば、どうでもいい話だけど『デザインパターン』という言葉が出てこなくて「GoFが編み出したやつ、アレ!アレ!」とJAVAの技術者さんに言ったら余計判らないという顔されたなぁ……

というわけで、新聞感覚で読めるなら通勤時間にでも読んでみましょうかね。


  • セキュリティソフト

    のーとん先生 シマンテックストア

    ウィルスバスタ ウイルスバスター トレンドマイクロ・オンラインショップ

    インタネットセキュリティ 無料ウイルス対策